南区川尻の老舗和菓子店【かずさ屋】さんがリニューアルオープン!今度はパンも楽しめます!

「和」な外観

唐突ですが、皆さん「あんぱん」ってお好きですか?
ちなみに私は好きです!

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、「あんぱん」って日本発祥のパンなんですよ~!

その「あんぱん」がおススメの和菓子屋さんがあるという風のうわさ(川尻在住の友人からの情報)を聞きつけ、早速行ってきました!

※ナビで「かずさ屋」と入れると旧店舗に到着しました。
旧店舗の前に案内看板があり、「この先50m先左」と書いてありました。

和菓子屋さん?パン屋さん??

どどーん!

その答えは両方です。(ずっと答えを言っていますが)

手書きの看板とお祝いのお花

大正13年創業の老舗和菓子店である「かずさ屋」さんは、2019年12月17日に「菓子工房かずさ屋×パン工房kazusaya」としてリニューアルオープンされました。

表に置いてあった看板には、「しょっぱいパンもあります!」とのこと。
和菓子も置いているパン屋さんですよ~。和菓子は「しょっぱい」とは縁遠そうなイメージですよね。

ワクワクします。楽しみですね~!

店内はこんな感じで落ち着きます

和みます

入ってすぐ目に飛び込んできたのは、この梁です。
和モダンな雰囲気にバッチリ合っていて、とっても落ち着きます。

トレー&トング

トングを引っかけておく台?が木製。珍しいですよね。

レジまわり

スタッフさんは4人で、ご家族なのだそう。
家族で代々の味を守っていきつつ、新しい風を取り入れるって素晴らしいことですよね。
皆さん笑顔が素敵で、気持ちよく買い物ができました。

お花がたくさん

お祝いのお花がたくさん置いてあって、ちょうど隠れてしまっているんですが、奥のほうに見える空間は、どら焼を作るスペースで、この時もちょうど実演されていました。

どら焼

出来立てのどら焼の皮が、ほわっほわですごーく美味しそうだったので、「コレも買います!」と言うと、目の前であんこを入れてパッケージに入れていただけました。

大きさは小ぶりなんですが、あんこがたっぷり入っていて1つで満たされました。幸せ・・・。

実演は店外からも見ることができますよ!

店外風景の写真を撮っているときに、遠くにいる私にもお辞儀をしてくれました。
感じの良い職人さんです。

購入パンをご紹介

ザ・「あんぱん」、これこそ「あんぱん」をご紹介したかったのですが、お邪魔したのはオープン2日目の昼過ぎ。

さすがに売り切れていました・・・。
どうしよう・・・とソワソワしていると、女性スタッフの方が、「もうすぐ、焼き上がります」と元気よく答えてくれました。

どちらもあんぱんです

普通のあんぱんはなかったんですが、味違いのあんぱんが焼き上がってきました。

coffeeあんぱん(税抜170円)

たっぷり餡

写真だけ見ると、普通のあんぱんっぽいですよね。
でもコーヒーなんです。香りはあまり強くないので、口に入れたあとのほうが「コーヒー!」という感じです。

ほろ苦いあんぱんはなかなか見かけないので、 新鮮!
生地の上に乗っているクラッシュアーモンドの食感が餡と合っていました。

柚あんぱん(税抜170円)

柚がふんだんに使われています

あんぱんといったら?大体黒餡ですよね。
柚あんぱんの餡は、なんと白餡です。和菓子っぽい、けど正真正銘パンです。

そのうえ、ありえない量の柚が使われています。
香りからして柚!「うっまぁ~!」

この柚あんぱん、イチオシです。ほっんとうに美味しい!

めろんぱん(税抜130円)

亀さんみたい

ご紹介のあんぱんと同じ時間に焼き上がってきた、めろんぱんです。

今すぐ食べたい

ザクザクのクッキー生地と、ふわふわのパン生地。「うんま~!」
食べ応え十分!カットしても全然へこまなかったです。

購入パン以外もちょこっとご紹介

和菓子屋さんでもあることを忘れてしまいそうなパンも数々並んでいます。
パンを作っている方は、熊本市の某有名パン屋に勤務されていたことがあるそうで、納得のパンが並んでいました。

ベーコンエピ(税抜160円)
黒ごまウインナー(税抜230円)
ガーリックふらんす(税抜200円)
くるみオランジェ(税抜200円)

おやつ系のパンもあります。
このほか、コロネなどのチョコ系のパンもあるそうです。

かりんとうどーなつ(税抜200円)

まとめ

今回はパンを中心にご紹介しましたが、和菓子も充実しています。
(この日は結構売れてしまっていましたが)

和菓子コーナー

レジで会計していると、プレゼントでどら焼を2個入れてくれました!
焼き立てのどら焼きも買っていたので、ホクホクな気分に。

クーポン券

リニューアルオープン特典として、次回使える300円オフクーポンもいただきましたので、また柚あんぱん目指して行きますよ~!

2019年12月の店休日のご案内

かずさ屋さんは、川尻で和菓子職人のグループが町おこしと和菓子を結び付けた活動を広めるために結成した「開懐世利六菓匠(かわせりろっかしょう)」の内の1軒です。

その取り組みは高く評価され、2014年に「サントリー地域文化賞」を受賞されたとのことです。

今回かずさ屋さんを訪問したあと、川尻の街並みを見てみました。
白壁が美しかったり、通りに工芸会館が立派に立っていたりと、ゆっくり散策するのもまた新しい発見ができるかなと感じました。

みなさんも是非行ってみてくださいね。

本日のお店はこちら

ショップカード

●菓子工房かずさ屋×パン工房kazusaya
●熊本県熊本市南区川尻3丁目14-21
●TEL 096-357-9346
●営業時間 8:00~18:00(完売次第終了)
●定休日 不定休

パン好き編集部のランチコラム・本日のパン

知ればもっと好きになる。パンの豆知識

コンビニパン

運営会社:有限会社テイク・シー
熊本県熊本市東区月出二丁目5-54
info@kumamotonopan.com

©2019 Kumamoto Bread Mania

カテゴリー

編集部コラム

OTHER